ご挨拶

 中京大学人工知能高等研究所と名古屋市科学館の間で締結された協定(名古屋市科学館と中京大学人工知能高等研究所の連携協定)に基づき、子供たちのための市民向け連携講座、「最高の科学技術を子どもたちに!−大学教授と学ぶモノづくり−」が誕生し、ことしで6年目を迎えることができました。

 初回2013年度”動く昆虫メカを作ろう!”、2014年度”においを消す不思議な『タマゴ』をつくろう”がとても好評のなかスタートいたしました。これらに続いて、
   2015年度は”タブレットで風をあやつろう!”
   2016年度は”手作りアンテナで気象衛星写真をキャッチしよう!”
   2017年度は”動く昆虫メカを作ろう!”
が開催された実績を受けて、今年度2018年度は、コンピュータとプログラムに親しもうをテーマに、小さなコンピュータを使った“光るメッセージを作ろう!”をお届けします。子供たちのキラキラした表情が今から目に浮かびます。是非ご参加ください。

 名古屋市科学館と中京大学人工知能高等研究所のコラボには、この連携講座を含めて市民公開講座「ソフトサイエンスシリーズ」などもあり、これからもこれらに一層の磨きをかけていけたらと念願しています。よろしくお願い致します。

2018年5月
中京大学人工知能高等研究所長 長谷川純一